北海道の豊かな大地で育まれた健康野菜ビーツの注文はこちら!

その他アイディアレシピ~主食・サラダ

サンドイッチ

サンドイッチ

蒸したジャガイモをつぶし、蒸してみじん切りにしたビーツ、みじん切りのゆで卵とタマネギ、シーチキン、マヨネーズ、塩をよく混ぜ合わせてパンに挟む。ビーツの量によって色の濃さを調節する。

もち

もち

蒸し上がったもち米の上にビーツのピューレを少量のせて、餅つき機のスイッチを入れる。桜もちもピューレを使って上手にできる。

赤飯

赤飯

食紅を入れずに固めに茹でた小豆ともち米を炊飯器で炊き、あとでピューレを混ぜる。多少ムラがあるのも美しい。
初めからビーツを加えて炊くと色がとぶので、あとで加えることがポイント。

すし飯

炊きたてのご飯に、酢漬けの赤い酢と普通の酢で作った合わせ酢を混ぜ合わせると、ピンクのすし飯ができる。

ひな祭りやお祝いの料理にぴったり!

チャーハン(ピラフ)

チャーハン(ピラフ)

ベーコン、にんにく、玉ねぎのみじん切りを炒め、火が通ったらご飯を加えて炒める。
そこに柔らかく茹でてから小さく切ったビーツを加えてよく混ぜ、コンソメ、塩、こしょう等で味をつける。

ペルーでは、ピラフに小さく切ったビーツを加えて真っ赤にして皿に盛り、上にベーコンやエビをのせて食べる

パン

パン

生地をこねるときに水の量を減らし、ピューレを加える。焦げ目があまりつかないように温度に気をつけて焼く。

ビーツの色素は熱に弱く、外も中も美しいピンクに仕上がるときと、色が消えてしまうときがある

パスタ

パスタ

麺やマカロニなどは、茹であがったときに水を切ってからピューレを混ぜて色をつけ、それから水で流す。

茹で汁にピューレを加えてもほとんど染まらない
写真は、ビーツで染めたマカロニと細切りチーズをマヨネーズで和えたもの

マッシュポテト

マッシュポテト

茹でたてのじゃがいも450gに牛乳100cc、バター30gを加え、火にかけながらマッシュする。
そこに生をすり下ろしたビーツまたはビーツのピューレを加える。
塩、こしょうで味をつける。

写真では、上にチーズとパセリを飾ってある

ポテトサラダ

ポテトサラダ

加熱済みのビーツをポテトサラダの最後に加えて混ぜる。

白いポテトのところどころに人参、きゅうり、ビーツの彩りがあると素敵!

サラダ1

サラダ1

①みじん切りにした玉ねぎに塩少々をふり、少し置いてから水にさらして水気を切る。それを酢、オリーブオイル、塩、こしょうで味つける。

②ゆでたビーツを1.5cmくらいの角切りにし、①と混ぜ合わせる。

サラダ2

サラダ2

①皮をむいたじゃがいもを1.5cmくらいの角切りにし、崩れない程度に塩ゆでして、サラダ1と混ぜ合わせる。

②皿に盛りつけ、塩ゆでしたブロッコリーやゆで卵などを飾ると華やかになる。

ビーツとポテトのミルフィーユ

ビーツとポテトのミルフィーユ

材料
・ビーツ・・・中1個
・じゃがいも・・・中3個
・スモークサーモン・・・適量
・フレンチドレッシング
 (酢・オリーブ油・塩・こしょう)
・・・適量
・マヨネーズ・・・適量

作り方

①ビーツは茹でて皮をむき、小さめの短冊切りにする。これにフレンチドレッシングで味をつけておく。

②じゃがいもは皮つきのまま茹で、皮をむいて小さめの短冊切りにする。これにマヨネーズとフレンチドレッシングで味をつけておく。

③タッパーにラップを敷き、①のビーツを広げて平らにする。その上に②のじゃがいもの1/2を広げて平らにし、その上にスモークサーモンを広げて最後に残りのじゃがいもを平らに詰めて冷蔵庫で冷やす。

タッパーの上に皿をのせ、逆さにして取り出し、切り分ける。

※スモークサーモンの他、キュウリのピクルスやゆで卵、ゆで人参等をサンドして、色とりどりの層を作ると豪華になる

ビーツとポテトのミルフィーユケーキ

カラフルマッシュポテト

カラフルマッシュポテト

材料
・茹でたじゃがいも・・・450g
・牛乳・・・100cc
・バター・・・30g
・塩、こしょう・・・適量
・ビーツのピューレ・・・適量
・人参のピューレ・・・適量

作り方

①茹でたじゃがいもを温かいうちにポテトマッシャーでつぶす。

②牛乳、バターを加えて弱火にかけながらマッシュして、塩、こしょうで味付けする。

③1/3ずつにマッシュポテトを分け、それぞれビーツのピューレと人参のピューレを混ぜて色付けする。(1/3はそのまま残す)

④3色を彩りよく盛る。

写真はアイスクリームを丸く取る道具を利用したもの

ˆ